RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
お客さんは大喜び

撮り直しの一番です。【Chandramukhi】の原作である【Manichitrathazhu】の続編が作られるかも、という話。すくなくとも私は大喜び。

Fazil will make a comeback with the second part of the super hit film Manichitrathazhu were Mohanlal played Dr Sunny Joseh, a psychiatrist.(Sunday Kaumudi の一行ニュース - マラヤーラム映画界怒濤の続編大特集 - より)


ガセネタの確率はかなり高そうだけど、凄い話だ。色々検索してみてもいまのとこ他のソースは見あたらず。しかしこれからも固唾を呑んで見守りたい。あのストーリーにどうやって続編を作るのかとか、公開から12年たった今オリジナルキャストが再登場するのかとか、興味が尽きない。【Chandramukhi】大ヒットは南印映画界に本当に色んな刺激を与えたのだなあ。

危ないですから座布団を投げないでくださ〜い!
author:ぺりぷろ, category:リメイクねた, 05:27
comments(2), trackbacks(0), - -
リメークもあったとは<<【Mumbai Xpress】>>知らなんだ
【Chandramukhi】【Sachien】とならんで正月封切されたカマルの【Mumbai Xpress】ですが、何ともうDVDがオンライン・ショップに!

Net Effectってあんまり聞いたことないけどここです

けっこう盲点だったのは、この作品、タミル語版以外にヒンディー語版も同時作成していたことで、北インドでは不発だったため、一挙にメディア化を図ったものでしょうか。しかもよく見ると単なる吹き替えではなくてリメークらしい。確かあたしらが見たのにオム・プーリーなんか出てなかったですよね。ということは、この作品、マニラトナムの湯葉=サンチョコと並ぶ、ヒンディー・タミル同時制作だったんですね。

ヒンディー語版の情報はここらあたりにありました。

First look: Kamal Haasan's Mumbai Express!
Mumbai Xpress

小屋で見たときは周りのタミル・ネイティヴがげらげら笑ってるのにこっちはポカンとせざるを得なかったのですが、やっぱりああいう会話劇は科白が分からないと隔靴掻痒の思いが避けられません。両バージョンの比較研究は当ブログの識者の皆さんにお任せするととして、とりあえずヒンディー語版でも字幕つきで見て、内容を再確認してみようかという気にはなってくるのですが、それにしてもちょっと高いかなあ…
author:慕夏堂主人, category:リメイクねた, 10:25
comments(13), trackbacks(0), - -
Jana
■リメイクねた/パクリねた?

最近公開されたらしいタミル映画Jana(出演:アジット、スネーハ、監督:シャージ・カイラース)をえらくけなしてるChennai Onlineのレビュー。なんでも「バーシャ!」の焼き直しなんだそうだ。
It's 'Baashah' rehashed all over again, the director making no attempt to camouflage his source of inspiration. Shaji Kailas, a competent film-maker when it comes to Malayalam films, seems to lose his footing when it comes to Tamil films (like in'Vanchinathan', the Vijaykant -starrer). In'Jana' too he's clearly out of his elements.

う〜ん、リメイク料払わずにパクるとここまで言われちゃうの? でもアジット版「バーシャ!」、ちょっと見てみたい気が。ラグヴァランは車椅子のお父さん役で出演。

The criticism is that your films have taken the Malayalam filmdom to a Tamil or Telugu film style where logic is thrown out of the window?

監督のシャージ・カイラースは地元のケララではこんな風に見られてるらしい。Indiainfo.comのインタビューより。タミル・テルグ映画ではロジックなんて窓からぽいっ、だってさ。ひどい言われよう(w

やっぱ、アジットはスーパースターを意識してるのかなぁ。Villain(2002、監督はKSR!)ではモテてモテて困っちゃってる名物バス・コンダクター(もちろん虐げられた人たちの味方でもある)をやってたし(笑)。
author:ぺりぷろ, category:リメイクねた, 23:11
comments(2), trackbacks(0), - -
Munnabhai MBBS
■リメイク・オブセッション系

よそでもチョロっと書いたんだけどボリ→サウスのリメイクネタ。

Munnabhai MBBS(Hindi - 2003)Dir. Vidhu Vinod Chopra は街のゴロツキが一念発起して医者になるというストーリーのコメディで大ヒット。英国の医学専門誌'British Medical Journal'でも好意的にとりあげられたという。Sify.com記事より。主演はサンジャイ・ダット、グレーシー・シン。

テルグ版はチランジーヴィ、ソナリ・ベンドレー主演で本決まり。タイトルはShankar Dada MBBS

マラヤーラム版ではモハンラールが主演するという希望的観測が流通中。

タミル版はカマル・ハッサンにオファーされて、カマルはこれを断ったとされていたけど、ここにきてやっぱり出演を受諾したという。Galatta.com 記事

カンナダ版についての情報は今のとこ発見できず。ともかくサウス版のプロデューサー、P.キラン氏は1700万ルピーで4言語分のリメイク権をまとめ買いしたというのだから豪気なもんだ。Nrilinks.com 記事

チルさん、ラルさん、カマルさん、ヴィシュヌさん(←勝手に決めてる)、サザン・オールスターズ揃い踏みにビ、ビンゴー!! 興奮しませんです?

なお、本家ボリウッドでは続編を構想中。今度は街のゴロツキが法曹界を目指すものとか。では勝手にMunnabhai LLB なる仮称がつけられている。
author:ぺりぷろ, category:リメイクねた, 03:29
comments(9), trackbacks(1), - -
カンナダ映画で、【ムトゥ踊るマハラジャ】のリメイク?
■リメイクねた+タミル系+カンナダ系

なんとなく久々に、Music India Onlineを見たら、掲載されてほやほやのランバーちゃんのインタビュー記事。

ランバーのインタビュー(2004年4月6日付)

でもね、カンナダのカテゴリーに入ってたよ。
都落ち?とちょっぴり思いつつ、見てみたら、今度カンナダで4本目の映画に出演するらしいです。タイトルは、【Sahukara】。

Glamour queen of South Indian films: Rambha

Tell us about your role in ‘Sahukara’.

I am very delighted about the role. This is a remake of Tamil movie Muthu. Actually, Muthu is the remake of a Malayalam movie. Vishnuvardhan, Ravichandran, Shashi Kumar and Damini are also starring in the flick.


ミーナちゃんが演じてた役を、ランバーちゃんがやるってことかな???
カンナダ映画は、ほとんど見たことないけど、興味が出てきたゾ。
しかし、共演陣を誰も知らない。カンナダで知ってるのは、ウペンドラだけだ(爆)。

ムトゥの元ネタは、プリヤン監督さまさまの映画ですよね?Periploさま、このカンナダ映画、今後フォローしましょうよ♪

そういえば、昔ランバーちゃんは、ヒンディー映画【JUNG】で、アジャイとエセ「ティラナ・ティラナ」こと「ディワナ・ディワナ」というのを踊ってましたねー。
今回のカンナダ映画でも、同じようにパクリ現象が起こるでしょうか?
これも興味の対象。
author:ぺりぷろ, category:リメイクねた, 00:49
comments(15), trackbacks(1), - -