RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
日本人がヒロインの(アート系)インド映画
インド娯楽映画資料公開センターさんのこちらのスレッドで、前々から情報が流れている、アパルナー・セーン監督の【Japanese Wife】、今朝日本でも大々的に(?)ニュースになっていましたので、ご紹介しておきます。

高久ちぐさ インド映画主演で世界へ

映画「地下鉄(メトロ)に乗って」などに出演した女優の高久(たかく)ちぐさ(28)がインド映画に主演した。世界的に注目されるインドの女性監督アパルナ・センがメガホンを取った「日本人の妻(邦題)」で、丸刈り姿も披露。ロケを終えて帰国し「貴重な体験でした」と語った。女性の海外での活躍が顕著な中でまた1人、楽しみな女優の出現だ。

 かつてカルカッタと呼ばれていた西ベンガル州コルカタでのロケを無事終え、さすがにほっとした表情。撮影でそりあげた髪はまだ伸びきらず、頭にはカツラを乗せていた。

 作品は、世界最大のトラ保護区サンドラバンズにある学校のインド人男性教師と雑誌のペンフレンド募集で文通相手となった日本人女性の悲恋を題材にした物語。文通を続けるうちに引かれ合い、結婚の約束も交わしたものの、女性はがんを患って闘病。そこでてい髪となるが、そのうち、インドから男性が交通事故で亡くなったという知らせが届く…といった切ないラブストーリー。高久は18歳から45歳までを演じた。

 今年2月、日本でオーディションがあることを知り「最初はインド映画と聞いて“踊るのかな?”と思いました」。6月中旬から約2週間、単身でコルカタに渡り撮影に臨んだ。3食カレーも苦にならず、スタッフとの会話は英語。苦戦しながらも伸び伸びと演じ切り、地元の英字新聞にも大々的に取りあげられた。

 多摩美術大学で映画製作を学び、もともとは監督志望。3年ほど前から女優の仕事を始めた。初の大役で大いに刺激を受けた様子で「セン監督も女優出身なので、いろいろ学ぶことは多かった。女性に見てもらいたい映画です」とアピール。

 第19回東京国際映画祭で上映され評判を呼んだ「Mr.&Mrs.アイエル」など、アートシアター系の第一人者として知られるセン監督だけに、その新作は海外の映画祭から引く手あまた。「バベル」出演で一気に飛躍した菊地凛子(26)の例もあり、高久の名前も海外にとどろくチャンスだ。インド国内では12月に公開予定で、来年春にも日本に上陸する。

 ◆高久(たかく) ちぐさ 1978年(昭53)8月11日、東京都生まれの28歳。NHK大河ドラマ「義経」(05年)、フジ「危険な関係」(同)、映画「ホワイトルーム」(06年)などに出演。趣味は絵画、特技はフラメンコ。1メートル55、B78・W58・H80。


★スポーツニッポン紙 2007年07月11日付 紙面記事 に掲載されているそうです。
 ↑ 写真付き(個別ページにリンクできませんので、スポニチのサイトからお探しください。)

同内容で、gooでもご覧になれます。
高久ちぐさ インド映画主演で世界へ - goo 映画


さて、
>第19回東京国際映画祭で上映され評判を呼んだ「Mr.&Mrs.アイエル」

「第16回東京国際女性映画祭」(&「アジア・フォーカス福岡映画祭」)の間違いなのは玉にキズではありますが、【Mr. and Mrs.Iyer】はすごく好きな作品でありますし、その映画の主演だったラーフル・ボースが【Japanese Wife】でも主演だということで、楽しみなのであります。
日本からヒロインに選ばれた女優・高久ちぐささん(所属事務所サイト ←掲示板に、インドに撮影に行く前の高久ちぐささんの書き込みがあります!)も、お美しいですね。

>来年春にも日本に上陸する。

これはうれしいですね〜。【Mr. and Mrs.Iyer】もついでにロードショーしてほすぃ。
(日本の映画祭で評判だったというのなら、何でロードショーにまでならなかったのかな。)
それからラーフル・ボース出演作品も特集上映してほすぃ。
妄想は膨らむんですが。。。
author:むんむん, category:JAPAN系, 09:36
comments(4), trackbacks(2), - -
眉にツバして楽しむニュース
皆さん、ご無沙汰しておりました。相変わらずせっせと映画は見てるんですが、どうも大声で触れて回りたくなるようなニュースがなくてね。

いつものように気のないニュースチェックをしていたところ、久々にボロい話が引っかかってきました。日印合作映画『サムライ印度を行く(勝手な仮題)』制作の記事です(Hindustan Times ほか)。
Bharatbala to roll out Indo-Japanese martial arts film
Indo-Asian News Service Cannes, May 20, 2006

Chennai-based filmmaker Bharatbala is all set to kick off an Indo-Japanese co-production, depicting a Japanese samurai's search for enlightenment which finally brings him to India.

Tentatively titled The 19th Step, the film is to be shot in Japan and the southern Indian state of Kerala.
--
A big Japanese showbiz company has agreed to provide 65 percent of the film's budget. "In terms of canvas and scale, this will be much bigger than my first films," says Bharatbala, who is in Cannes to market his previous film, Hari Om.
続きを読む >>
author:ぺりぷろ, category:JAPAN系, 02:57
comments(5), trackbacks(1), - -
【ブログ】名古屋でインド映画ロケ【紹介】
現在名古屋でヒンディー映画の撮影が行われているようです。そのロケ現場からのレポートをブログで発表していらっしゃる方から情報のご提供がありましたので、ご紹介いたします。
ブログ名:Curryな日々

題名は未定(なのかな)、ヒロインは1999年のミス・ワールド、ユクタ・ムーケイ嬢。ヒーローはSheikh Mohsin氏、監督は【ボンナゴ】のファイト・ディレクターAkram Sheikh氏とのことです。

indofilmsのデータベースでは、ユクタ嬢の出演作はこれまでに3本、
Poovellam Unn Vaasam (Tamil 2001) 共演 Ajith, Jyothika
Pyaasa (Hindi 2002) 共演 Aftab Shivdasani
Classmates (Tamil, Not Released) 共演 Sidharth, Diya Mirza, Reema Sen

そのほかにマラヤーラム映画にも出演の話があったらしいけどどうなったのか。ファンサイトもあるよ。

ともかく、久しぶりのインド映画日本ロケ。インド娯楽映画資料公開センターのこのスレを改めて読んでみたけど、万博イヤー(とその前後)には、なぜかインド映画は日本に向かう。こんなことなら毎年万博やればいいのに!

つけたしみたいで恐縮ながら、当ブログを取り上げて下さった亞洲電影電視劇倶樂部さんも合わせてご紹介。
author:ぺりぷろ, category:JAPAN系, 23:52
comments(10), trackbacks(0), - -
今年のアジアフォーカス福岡映画祭にタミル映画2本!
★JAPAN系>タミル系

今年9月のアジアフォーカス福岡映画祭2004で、なんと久々にタミル映画が2本上映されるそうです!
(某字幕翻訳者さんからの速報です。まだ公式サイトにアップされてませんが、確定です。)

Kannathil Muthamittal 公式サイト
(カンナッティル・ムッタミッタール〜ほっぺにキスをしたら)

マニラトナム監督の2002年春に公開された、スリランカのタミル人を描いた作品。
主演:マーダヴァン、シムラン、キールターナ(子役:パールティバンの娘)
音楽:A.R.ラフマーン

個人的には、マニラトナム監督にしてはイマイチな感じがした映画ですが、ダンスシーンがないにも関わらず、シムランの演技がすごく光ってて、この映画で私はシムランファンになりました。
扱ってる題材はとても興味深い(タミル・イーラム 解放のトラ)ので、必見です!

Anbe Sivam (Love Is God) 公式サイト
(アンベー・シヴァン〜愛こそは最強)


スンダルC監督による、昨年2003年公開映画。評論家には絶賛されたものの、興業的にはフロップだった、といわれる作品。
そして、実はわれらがプリヤン監督が当初メガホンをとる予定だったが、撮影開始前に降板したという、いわくつきの、このブログを見てる人は絶対に観なければならない作品であります!
(ね、Periploさん♪)
主演:カマルハーサン、マーダヴァン、キラン
音楽:ヴィドゥヤーサーガル ⇒もしかして、日本初紹介?

※Periploさんのレビューを見て、予習しておこう! 
→コチラ

さてさてさて!誰がゲストで来るでしょう!?

カマルハーサン? (【インドの仕置人】等。ラジニと人気を2分する、タミル映画界のユニバーサル・スター!)
マーダヴァン? (【Alaipayuthey-ウェイブ】主演)
シムラン? (言わずと知れた、2000年以降、タミル、テルグ映画界での女優No.1!)
キラン? (【Gemini】【Thirumalai】等出演)
マニラトナム? (【ボンベイ】【ディル・セ】【ダラパティ】等監督)
スンダルC? (【アルナーチャラム踊るスーパースター】監督)

うわー、誰でも、ぅおっけーですよ! 行かなきゃ行かなきゃ!
みんな、9月の福岡におしかけて、我らがタミルスターを声援しようぜぃ!

まだ上映日は未定のため、続報が入りしだい、追記します。
うう〜、久々の、日本のスクリーンにタミル映画登場だいっ。

indo.toのきまぐれピックアップにもとりあげていただきました。ありがとうございます。
たくさんのインド映画ファンが、福岡に詰め掛けるといいな!
author:むんむん, category:JAPAN系, 17:00
comments(5), trackbacks(2), - -