RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
南インド版【3 idiots】、12月に始動
 Final ‘3-Idiots’ of Tamil IndiaGlitz [Tuesday, November 16, 2010]


3 idiots

2009年の大ヒットヒンディー映画で、タミルナードゥ州でも大ヒットとなった、アーミル・カーン主演の【3 idiots】。
日本でも今年9月、「浅草したまちコメディ映画祭」でインド映画代表として【3バカに乾杯!】という邦題で上映され、大好評だったようです。


早くから、タミルでもリメイクされるという話は伝わっていましたが、なんと監督はシャンカル
シャンカル監督は、まだ一度もリメイクを手がけたことがなく(=監督作は全て自身のオリジナル作品)、本当かな〜?と思っとりました。
が、シャンカルも秋に入る頃、
「今はまず(ラジニカーント主演の)【Endhiran the robot】の公開に全力を注いでいる。今は他のことは何も話したくない。
【Endhiran】を公開して、しばらく休みを取った後に話すよ」
と、暗に【3 idiots】のリメイクについてコメント。


噂では、アーミル・カーンが演じた役はヴィジャイで確定、でもあとの2人のidiots役候補が二転三転したようです。
実現すれば、ヴィジャイがシャンカル監督作品に初出演です。
シャンカルとヴィジャイ好きのワタシとしては、この二人のタッグが確定することを心待ちにしてました!


そしてようやく、11月16日にオフィシャルな情報として配役が報じられました。


3人のidiots(タミル版)
●ヴィジャイ(写真左)
●ジーヴァ(写真中央)
●シュリーカーント(写真右)
 (シュリカントくん、痩せた?)

上記記事の要約;


リメイク制作の決定が報じられた後、メディアやファンは、配役のありとあらゆる組み合わせを提案しては盛り上がってきた。


ヴィジャイ、アジットクマールからヴィナイ、シッダルタまでが候補に挙げられた。


まずヴィジャイがアーミル・カーンが演じた主役で決定したが、残りの二人が右往左往した。


マーダヴァンとシッダルタがこのリメイクに関心がないと繰り返して出演拒否を口にしたにもかかわらず、出演が噂され続けた。


キャスティングの最終決定がようやく関係者から発表された。
ヴィジャイ、ジーヴァ、シュリーカーントがメインの3人を演じる。


他のキャストには、サティヤラージが校長役、イリーナーがカリーナ・カプールが演じたヒロインを演じる。


あのもの凄い【Endhiran】を監督したシャンカルの次回作となり、期待は高まる。


制作は12月6日に公式に開始される。それまでにはタミル版のタイトルが判明することだろう。


まあ、マーダヴァンはヒンディー版でナレーターも務める大活躍だったけれど、アーミル・カーンの脇だったわけで。でもタミルではバリバリにリードを張る主役級でヴィジャイと同世代でライバル。
ヴィジャイの脇みたいな扱いされるかもしれない、タミル版にまでわざわざ出たくはないかも、ですね。


ジーヴァとシュリーカーントも主役級だけど、ヴィジャイより少し下の世代で弟分みたいな感じだからプライド的にまあOKなのかな。
なかなか思いつかない組み合わせで新鮮じゃないでしょうか?


そして、おおー!サティヤラージ様も共演ですか。
ヴィジャイはサティヤラージのコメディ演技に影響されているとインタビューで話していたことがある位なので、二人の掛け合いがどう実現するか、楽しみです♪



ちなみに、テルグ版も制作が発表されていますが、ヴィジャイマヘーシュ・バーブに変わる(だけ)らしい。


そうすると、脇役のほとんどがタミル映画界の俳優となるので、タミル版のダビングのような作りになるんじゃ?とマヘーシュ・バーブは不満を口にしている、とも別の記事では伝えられています。さて、どうなりますか。



シャンカル監督には、リメイクとはいえ、ヒンディー版をぶち壊す勢いで、泥臭くてアツい「サウスな」3バカ物語に仕上げて欲しいと期待しております。
ド派手にCGとかいれちゃったりして、シャンカル節を炸裂させていただきたい!

author:むんむん, category:タミル系, 17:02
comments(0), trackbacks(1), - -
A.R.ラフマーン来日!そして分かった日印合作映画2本
  わなっかん!
こちらのブログの更新は超久々になってしまいましたが、みなさんお元気でしたかー?

さて、今週はじめ、我らがA.R.ラフマーンが、アカデミー賞受賞作【スラムドッグ$ミリオネア】のプロモーションで3日間来日しました!(日本公開:4月18日)

詳しくは;
RAHMANESE 〜 A.R.ラフマーンファンクラブジャパン 

ラフマーン

4月7日(火)に東京で記者会見を行い、今のところ、以下のところでその様子が報じられています。

★ぴあ(映画生活)
謎のインド人演歌歌手チャダも登場! A.R.ラフマーン初の来日会見
★ザ・テレビジョン
インド人作曲家と演歌歌手・チャダがアカデミー作「スラムドッグ$ミリオネア」を熱くPR

会見内容はリンク先か、下の「続きを読む」のところから確認いただくとして。

インド映画の情報を普段集めていないメディアが取材しているせいか、記事になるとどうも解説が弱いなあと思うのですが、ラフマーンのコメントの中で、今後の日印(というか日米)合作映画について発言されているので、ここではまずそれを補足したいと思います!

っていうかあ〜、2006年のエントリーで既にPeriploさまが取り上げている映画にもかかわらず、メディアに気付いてもらえてないのは残念です。
(グーグルで「The 19th Step」を日本語ページで検索すれば、トップに表示されてたのにぃ。) ↓

眉にツバして楽しむニュース (2006.05.22 Monday)
【The 19th Step】
& 
Periploさまがご自身のブログに投稿されたエントリー (2007.09.24)

...ウチのサイトがこれからもっと注目していただけるように、がんばりましょう。(半分嘘。)

上記のエントリーから数年を経て、キャスティングが変わっていますが、昨年秋にアメリカ資本であるウォルト・ディズニー社が正式に制作発表を行っており、順調ならば今年の夏から撮影開始予定です。
ディズニー社のプレスリリース報道(by ロイター Fri Oct 3, 2008)

NEW DELHI (Hollywood Reporter) - In another sign of Hollywood's growing interest in the Indian film industry, the Walt Disney Company India is planning a quartet of live-action features under its local banner, Walt Disney Pictures India.

"We have finalized two projects to start with," a WDCI spokesperson told The Hollywood Reporter on Friday. Budget details were not provided.

The first project is "The 19th Step," which revolves around the ancient Indian martial arts form Kalarippayattu. The film, planned as a multilingual Indian release, stars leading South Indian actor Kamal Hassan. Japanese star Asano Tadanabo and Indian actress Asin also are in the cast. Bharat Bala, one of India's best-known music video directors, will be at the helm.


日本の若手トップ俳優の一人、浅野忠信さんが18世紀の侍役で主演、武術のルーツを求めてインド・ケーララ州に渡り、カラリパヤットのグル(なんと、タミルのユニバーサルヒーロー・カマルハーサン!)に教えを乞い、現地のお姫様(【Ghajini】タミル・ヒンディー版両方出演でヒンディーにも進出した、タミルの超売れっ子・アシンちゃん!)と恋に落ちる、という概略らしいです。
英語・タミル語・日本語のマルチリンガル映画になる予定。

昨年、日本でもこの映画について取り上げてくれたの映画ライター様がいらっしゃいます;
http://blog.livedoor.jp/hirobillyssk/archives/1214475.html

フッフッフ...。
ハリウッド資本のタミル映画も制作されてるんだよ、みなさん!
タミルで生まれ育った、A.R.ラフマーンが作曲するんですよ♪
舞台はケーララざんすよ。
ディズニー映画で浅野忠信主演なら、こりゃー日本上映は固いな!
楽しみ楽しみ♪♪♪
アシンちゃんが浅野忠信とロマンスだなんて...キャー!
カマルがどんな重厚なグルを演じるかだって楽しみよ。
舞台挨拶に来日してくれるかしら?
妄想がじゃんじゃん膨らんじゃいます。

アシンの最近のコメント


Wikipedia




●●●


また、こちらについては全く記者会見記事に登場してませんが、銀座ナイルレストランの創始者を描く、日印合作予定のマラヤーラム映画【Nairsan】(ナイルさん)についても、ラフマーンが作曲のオファーを受けていることは確認できました。
現在、こちらのプロジェクトに動きはないようなので、当初の公開予定からだいぶ遅れることになりますが...。


【The 19th Step】【Nairsan】、両方の映画の完成及び日本上映を心待ちにしましょう!!!
カマルハーサンとモーハンラール様の、日本の銀幕ロードショーデビューだっ!

●●●

追伸;
ラフマーン記者会見ばなしは、わたくしのサイトでも多少書いていきますのでよろしければお越しくださいませ。

続きを読む >>
author:むんむん, category:タミル系, 17:01
-, trackbacks(0), - -
お久しぶり、ランバーちゃん
JUGEMテーマ:地域/ローカル


一昨日、タミル映画系の現地サイトのトップニュースに、こんな見出しが。

Rambha attempts Suicide?
one india / Behindwoods / その他いろいろ

Popular actress Rambha was suddenly admitted in a very serious condition in a city Hospital yesterday. It is said that the actress had consumed poison due to frustration and was brought to the hospital in an unconscious condition.


【アルナーチャラム 踊るスーパースター】のヒロインなどで日本でも知られている、ランバーちゃんが、8/25に毒をあおって病院にかつぎこまれ、重態。 
ヒロインとして売れなくなったことなどを苦に自殺か? というもの。

まじっすかー!?
続きを読む >>
author:むんむん, category:タミル系, 08:12
comments(7), trackbacks(0), - -
「樽ドル」 〜インド映画再ブームも夢じゃない???
★タミル系というか、テルグ&タミル系というか。

こんな記事を今日見つけました。

mixi(ミクシィ)コミュニティで話題 インドの樽ドル「Namitha(ナミータ)」とは?


今まで、全然知りませんでした!
mixi上で、(当ブログ執筆者全員がファンである:このエントリーのコメントとか)ナミータちゃんが話題になっているですって!?
さっそく検索して、該当のトピックを読みました。
ナミータちゃん、いつのまに日本でブレイクしていたのね。。。

そして「樽ドル」という言葉も初めて知りました。
そういう萌えの分野があったんですね。


これはとても心強い!拍手
南インド映画で活躍する女優さんは、足はかもしかのように細いけど、ウェストは「ない」に近い方が結構多い。
近年ウェストにくびれのある女優さんは増えてきているけれど、まだまだウェストがない女優さんも活躍中。


ちなみにナミータちゃん、ヴィジャイの次回作【Azhagiya Tamizh Mahan】(ATM)のヒロインの一人です。
(今度のディーパーヴァリ公開予定)
おやぢキラーとして名を馳せていた(?)彼女ですが、ついに若手スターの相手役を務める機会がやってまいりました。
かつて、(サティヤラージやヴィジャイヤカーントなど)中年ヒーローの相手役ばかりであることに不満を漏らしていた彼女。

もうひとりのメインのヒロインは、ウェストが細くて腰のキレがものすごい、先日【SIVAJI】でもヒロインを務めたシュレーヤー。
この対称的なヒロイン2人、さてさてどうなりますことやら。
ヴィジャイは先日、映画についてのインタビューで「ATMは彼女にはビッグチャンスになると思うよ」と発言。

彼女の頑張りと「樽ドル」ぶりに注目したいと思います。見る

そして、彼女が日本でもっとブレイクしてくれれば、ヴィジャイ映画が日本で上映される日も訪れるかも〜〜〜???

ヴィジャイとナミータ


当エントリーの写真は、ATMでのナミータちゃんです♪
author:むんむん, category:タミル系, 13:24
comments(0), trackbacks(0), - -
お誕生日おめでとうございます
久々にラジニヴィジャイのニュース映像でも見ようとクリックした、CNN-IBN。
でも、その映像をリンクしただけではありがち(?)なので、本日はこっちの映像を特にご紹介。



一日遅れですが、カルナーニディ現タミルナードゥ州首相が84歳のお誕生日を迎えられたそうです。
84歳だったんですか...。

ますますお元気そうで。
おめでとうございます。

1月のNHKスペシャルの中でも紹介されていた、タミルナードゥ州の人々にテレビやガスコンロを配る計画は完了したんでしょうか。
そもそも電気やガスが州全域に供給されているのかということから気になるんで、お詳しい方、今度教えてください!


今月後半は、ヴィジャイやポール・マッカートニーの誕生日です。
さらにめでたいです(笑)
author:むんむん, category:タミル系, 13:22
comments(1), trackbacks(0), - -