RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
'A star is born' in Telugu
いや、べつにシリーズ化するつもりじゃないんだけど。でもこのブログのエントリーにテルグ系が一個もないのに忸怩たる思いだったのは確か。テルグファンなのにさ。

最初のテルグ映画も神様ものだった。Bhakta Prahlada (Telugu - 1931) Dir. H.M. Reddy がそれ。主な出演者はL.V. Prasad, Surabhi Kamalabai, Munipalle Subbaiah, B.V. Subba Rao。検索してもスチルなどは見つからず。

この映画のヒロイン役のSurabhi Kamala Bai (1907-1977) は当時テルグ語地域で人気を博していた(そしてどうやら現在も存続しているらしい!)家族経営の巡回劇団、Surabhi Thatre の一員、母親の Venku Bai も同劇団の女優だった。このカマラーさん、なんと出生地がステージの上。

Surabhi Theatres has also produced many noted cinema artistes. Another first to their name was Surabhi Kamala Bai who was literally born for the stage. Her mother Venku Bai, a good actress, gave birth to Kamala Bai on the stage while playing the role of a pregnant woman. As she was singing a song, she went into labour. The curtain went down and the baby was born. The audience thought it was all part of the performance and when they heard the truth they showered money on the stage.
(インド対外広報省によるIndia Perspectives [Aug, 2001]より)


列車の中などでの出産というのはたまに聞く話だけれど、芝居の舞台とはね。お母さん、陣痛をおして歌ってたのだろうか。客席からお捻りが雨あられ、というのも凄い。ほとんどマジック・リアリズムの世界ではないか。
author:ぺりぷろ, category:テルグ系, 05:55
comments(0), trackbacks(1), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 05:55
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://india.jugem.cc/trackback/54
どっこい生きてる
凄く昔にちょこっと書いたことの続報が、ある日ふっと飛び込んで来るというのは嬉し...
Priyan News & Gossips, 2008/11/02 7:34 PM