RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
日本人がヒロインの(アート系)インド映画
インド娯楽映画資料公開センターさんのこちらのスレッドで、前々から情報が流れている、アパルナー・セーン監督の【Japanese Wife】、今朝日本でも大々的に(?)ニュースになっていましたので、ご紹介しておきます。

高久ちぐさ インド映画主演で世界へ

映画「地下鉄(メトロ)に乗って」などに出演した女優の高久(たかく)ちぐさ(28)がインド映画に主演した。世界的に注目されるインドの女性監督アパルナ・センがメガホンを取った「日本人の妻(邦題)」で、丸刈り姿も披露。ロケを終えて帰国し「貴重な体験でした」と語った。女性の海外での活躍が顕著な中でまた1人、楽しみな女優の出現だ。

 かつてカルカッタと呼ばれていた西ベンガル州コルカタでのロケを無事終え、さすがにほっとした表情。撮影でそりあげた髪はまだ伸びきらず、頭にはカツラを乗せていた。

 作品は、世界最大のトラ保護区サンドラバンズにある学校のインド人男性教師と雑誌のペンフレンド募集で文通相手となった日本人女性の悲恋を題材にした物語。文通を続けるうちに引かれ合い、結婚の約束も交わしたものの、女性はがんを患って闘病。そこでてい髪となるが、そのうち、インドから男性が交通事故で亡くなったという知らせが届く…といった切ないラブストーリー。高久は18歳から45歳までを演じた。

 今年2月、日本でオーディションがあることを知り「最初はインド映画と聞いて“踊るのかな?”と思いました」。6月中旬から約2週間、単身でコルカタに渡り撮影に臨んだ。3食カレーも苦にならず、スタッフとの会話は英語。苦戦しながらも伸び伸びと演じ切り、地元の英字新聞にも大々的に取りあげられた。

 多摩美術大学で映画製作を学び、もともとは監督志望。3年ほど前から女優の仕事を始めた。初の大役で大いに刺激を受けた様子で「セン監督も女優出身なので、いろいろ学ぶことは多かった。女性に見てもらいたい映画です」とアピール。

 第19回東京国際映画祭で上映され評判を呼んだ「Mr.&Mrs.アイエル」など、アートシアター系の第一人者として知られるセン監督だけに、その新作は海外の映画祭から引く手あまた。「バベル」出演で一気に飛躍した菊地凛子(26)の例もあり、高久の名前も海外にとどろくチャンスだ。インド国内では12月に公開予定で、来年春にも日本に上陸する。

 ◆高久(たかく) ちぐさ 1978年(昭53)8月11日、東京都生まれの28歳。NHK大河ドラマ「義経」(05年)、フジ「危険な関係」(同)、映画「ホワイトルーム」(06年)などに出演。趣味は絵画、特技はフラメンコ。1メートル55、B78・W58・H80。


★スポーツニッポン紙 2007年07月11日付 紙面記事 に掲載されているそうです。
 ↑ 写真付き(個別ページにリンクできませんので、スポニチのサイトからお探しください。)

同内容で、gooでもご覧になれます。
高久ちぐさ インド映画主演で世界へ - goo 映画


さて、
>第19回東京国際映画祭で上映され評判を呼んだ「Mr.&Mrs.アイエル」

「第16回東京国際女性映画祭」(&「アジア・フォーカス福岡映画祭」)の間違いなのは玉にキズではありますが、【Mr. and Mrs.Iyer】はすごく好きな作品でありますし、その映画の主演だったラーフル・ボースが【Japanese Wife】でも主演だということで、楽しみなのであります。
日本からヒロインに選ばれた女優・高久ちぐささん(所属事務所サイト ←掲示板に、インドに撮影に行く前の高久ちぐささんの書き込みがあります!)も、お美しいですね。

>来年春にも日本に上陸する。

これはうれしいですね〜。【Mr. and Mrs.Iyer】もついでにロードショーしてほすぃ。
(日本の映画祭で評判だったというのなら、何でロードショーにまでならなかったのかな。)
それからラーフル・ボース出演作品も特集上映してほすぃ。
妄想は膨らむんですが。。。
author:むんむん, category:JAPAN系, 09:36
comments(4), trackbacks(2), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 09:36
-, -, - -
Comment
記事を読む限り、日本公開が決定したようですね。ライマー・セーンも出演してるので楽しみです。
で、こんな頭になってる理由がようやくわかりました。しかし、本人が癌で婚約者が交通事故死ってのはベタ過ぎませんかね。
http://www.hindu.com/2007/06/10/stories/2007061000752000.htm
http://www.telegraphindia.com/1070608/asp/calcutta/story_7891916.html

>インドに撮影に行く前の高久ちぐささんの書き込みがあります

某有名SNSで、ご本人が日本での撮影日記を書いているのですが、これがちょっとヤヴァイくらいに面白いです、ハイ。
kubo, 2007/07/11 11:12 PM
▼kuboさま

レス遅くなりました。
件のSNS、ニュースの翌日にアクセスしてみたら、日記は既に非公開になっていました。残念。
でもそれだけ大注目を浴びたってことでしょうね。

話の内容は、...確かにベタですね(笑)

★日本語の記事リンク追加。
・NIZOO Portalに掲載の映画案内
http://www.nizoo.com/data_up/0714/takaku/popup_takaku.html
・2007年05月02日のasahi.com
http://www.asahi.com/culture/enews/RTR200705020027.html
>セン監督は「道徳的価値感の崩壊や家庭内暴力などをよく耳にしますが、主人公2人がユニークな関係を保ち続けるこの映画は、シンプルでユーモアにあふれ、元気が出る作品になるでしょう」と語っている。
むんむん, 2007/08/01 1:55 PM
むんむん様

>日記は既に非公開になっていました。

よもや私の上記書き込みが原因でないことを祈ります。
しかし確かに一般公開するには際どい内容だったかも(笑
記憶を頼りに、日記に書かれていた最も無難なエピソードを一つだけ挙げておきます(高久さん、ゴメンナサイ)。

ロケ時、印日混成の撮影チームが昼食のためレストランに入ったところ、インド人は全員なぜか塩コブ炒飯を注文した。アパルナー・セン監督はベジタリアンだが、塩コブ炒飯にはジャコが入っていたため、スイカのタネを飛ばすように器用にプップップと口からジャコを飛ばしていた。

…この他にも監督ネタが多いのですが、おかげでセン監督に対するイメージが180度変わってしまいました。高久さんは非常に文才あります。
kubo, 2007/08/02 12:28 PM
現在、高久さんがアメブロでインド映画撮影日記を連載中です。
http://ameblo.jp/takaku-chigusa/

いやー、すごい面白すぎます♪
どんどん盛り上がって、来年の日本公開時には最高潮になることを期待いたしますです。
むんむん, 2007/12/13 12:55 PM









Trackback
url: http://india.jugem.cc/trackback/73
高久ちぐさ インド映画主演で世界へ
高久ちぐさ インド映画主演で世界へ
気になる話, 2007/07/12 9:42 AM
地下鉄(メトロ)に乗って 映画
高久ちぐさ インド映画主演で世界へ
My First, 2007/08/19 11:08 PM